海外で軽自動車

海外で軽自動車は売っているのかについて

皆さんの疑問としては「海外で軽自動車は売っているのか?」ですよね。
答えから言うと

 

売ってませんでした。

 

ということが言えます。

 

まず海外では日本の軽自動車規格である660ccというエンジンの車の需要がなく同じ車体を使った車が販売されていますがエンジンは1リッター前後のものを搭載して販売しています。

 

これが普通の対応です。ですからガワだけ軽自動車のモノを使っている車を海外で販売してきたというのは正解です。

 

ただこの度日本の軽自動車が初めて(?)そのまま海外で発売されることになりました。

 

スズキがアルトをパキスタンで発売

スズキのアルトをご存知のかたも多いと思います。
このアルトをそのままパキスタンで販売するそうです。

 

日本の軽規格で世界市場へ! スズキがパキスタンで新型アルトを発売
https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190618-10420309-carview/?ts=1

 

一応最低地上高だけは少し上げるようで道が悪いのでそのような措置がなされるのでしょう。
ただ日本で普通に走っている軽自動車が海外では全く走っていないのは奇妙なことです。

 

もちろん奇妙なのは日本ということになりますが中々難しい位置付けになるでしょう。
軽自動車が税金が安いからこんなに日本で走っているということは言うまでもありません。
車体が安いということもメリットがあって好まれています。

 

安全性が低いのでこれ以上の広がりはないだろう

ただしパキスタンのような後進国で導入されたとしても他の国では日本の軽自動車は販売されないでしょうね。
それは安全性が低いからです。

 

だったら日本で何で販売しているのか?と言えばこれは速度制限が厳しいからかもしれません。
大体の一般道路は60キロが制限速度ですよね。
このくらいなら軽自動車でも大丈夫ということになっています。
実際はぜんぜん大丈夫じゃなさそうですが。

 

ただ不意の事故衝突なら別でしょうが通常は軽自動車でも乗り方です。
今日も群馬でフェラーリが道脇の障害物に衝突してなのか炎上して全損していましたが(乗員は意識不明)結局高額なスーパーカーでも安全性が高いとは言えないんですね。
乗り方や速度制限を守らないと安全性は担保できません。

 

また軽自動車はアメリカではゴルフのカート代わりに使われているという噂も聞いたんですがこれは確認できていませんね。
また欧州の大金持ちに日本の軽自動車は評価されているという噂も聞きましたが本当にその人が輸入して乗っているのかまでは確認取れていませんし多分口だけでしょう(笑)。

 

海外で軽自動車は売っているのか まとめ

まとめですが海外で軽自動車は売っているのか?は今は売っている。

 

パキスタンでスズキアルトが販売されているのみ、が正解です。

 

ですから豆知識として披露するならコレが分かりやすいでしょう。
エンジンを載せ替えて売っている軽自動車も前からあるのですがこちらは話が込み入っているし、説明が面倒でしかも日本の軽自動車そのものじゃないので披露する話としては不適格です。

 

反応も今ひとつなのでどうせならスズキアルトそのままパキスタンで売ってるよの方が分かりやすいでしょう。

 

価格についてには、
価格→99万9000〜129万5000パキスタン・ルピー
日本円では、およそ77万9000円〜101万円ということのようです。

 

どうですか?少しはお役に立てたでしょうか?それならいいです(ハート

 

栃木県で車買取査定を使って車を高く売る方法を公開しています